スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第六の幸運をもたらす宿☆

このブログを新設してから初めての吹奏楽記事・・・。今回は「第六の幸運をもたらす宿」で♪

吹奏楽ファンならば誰もが知ってる(?)第六の幸運をもたらす宿。(名前が長いので以後「第六」。)
第六はコンクールでもよく演奏されていますね~。個人的に1番好きなのは2002年の横浜ブラスオルケスターの演奏ですね。マニアックですみません(笑)

そもそも、第六は映画音楽なんですね。どんな映画かというのをざっと紹介します♪


これは1958年の「六番目の幸福」という映画の音楽なんです。
グラディス・アイルワード(イングリッド・バーグマン)というイギリスの女性が中国へ自力で旅立ちます。シベリア経由の鉄道旅行は予想外に困難を伴ったのだが、無事に中国のヤンチェンという山村に着く。
そこで彼女(グラディス・アイルワード)はロウソンという女性に出会います。そこで、彼女とロウソンは協力して「六番目の幸福」という旅館を経営します。
しかし、ロウソンは不慮の死を遂げます。・・・・ここまでしか話しを理解できませんでしたww

このあともいろいろありますが、興味のある方は調べてみてくださいね!そして、曲のほうも聴いてみてください!!!

参考及び引用、出典文章→http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD9875/story.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。