スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリソンの夢

第4弾ですね。今回はピーター・グレイアム作曲「ハリソンの夢」です!
世界的(?)難曲です。

ところで、題名にもある「ハリソン」とは時計職人であるジョン・ハリソンのことです。
気になる方はwikiでw

さて、作品の話です。聞いたらわかるとは思いますがとにかく難しい曲です。
冒頭は4分の4拍子かと思いきや、8分の4拍子です。ヴィジュアル的に高いスピード感を出させるそうです。っていうか冒頭は♪=168です。

一般的な四分音符で表記したらテンポが336…?まぁそうなりますよね。

とにかく聞いてみればそのスピード感は伝わってくるはずです!これを演奏してしまう中学校もあるんですからね~。脱帽です!ラストにぬかっていくスピード感がたまりません!!

フルバージョンを載せたかったのですがちょっと載せることができなかったのでコンクール版で勘弁してください。音質がちょっと悪いかも・・・。





にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村


コメントの投稿

非公開コメント

コメありがとうございました☆

はじめまして那帆ですv(・U・)v
吹部でFlやっている中学生です。
『ハリソンの夢』すごすぎて言葉が出ないくらいですe-263どうやったらこんなはやい曲ができるんですかね?
また来ますねv-266

長すぎ・・・まとめられませんでした汗

前の記事の寿司ネタ、カニですか?
いや、なんとなーく。私も好きなのでww

例の手首の運動です笑
うちの学校では土日とか休みの日の部活の
定番となっています笑

ではでは・・・長くなると思いますが汗;;
みてやってくださいな笑←

①パイプ椅子(背もたれのあいてるところに手を入れる)   か、練習台を用意して床に置き、自分も置いた物の
 前に座ります

②座ったら置いた物の、‘へり’に手首をのせ、手首だけ
 動く状態にします

③メトロノームを用意して、テンポ80ぐらいでつけます

④いよいよ本番です♪
 右からやるバージョンを書きますが、左手からのも
 やってください!!

 ②の状態から熱~い鉄板を触ったときに
  熱ッッ!!ってなった時のように、手首をすばやく
  振り下ろし、すばやく振り上げます。
  ※この時1番下の限界から一番上の限界まで
   移動するように手首いっぱい使ってください!

 R→右 L→左 
 ()=4分で  []=8分で
 (RRRRRRRR)[RLRLRLRLRLRLRLRL]
   ・・・↑繰り返す
 
やるときに、何か2文字の単語を当てはめてやると
良いですよ♪

たとえば鳥だったら、
(トットットットットットットットッ)[トリトリトリトリトリトリトリトリ]
です。  

ぜひお試しを♪

カナリ長くなりました汗;;;
説明まとまんなくてすいません、
分かんないとこあったら聞いてください><;;
 
 

初めまして!
ブログきてくれてありがとうございます(^O^)
クラス替えやばかったんですよ笑

うわ速いw
演奏している人の体力とゆーか・・・
吹奏楽は運動部ですね;もしかしたら運動よりキツいかもqp
奥が深いですッw

らんくりb

那帆さん

ハリソンやばい難しいですよねー!
これを吹ける人・・・っていうか叩ける人と弾ける人もだけど素晴らしいですよねw

Berryさん

親切にありがとうございます!
さっそく試してみたいと思います!

尚さん

初コメですね!これからもどうぞよろしくお願いいたします!

恋龍さん

ですよねー。あれは管楽器の人体力持ちませんよね・・・。
相当なスタミナの持ち主だ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。