スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリソンの夢

第4弾ですね。今回はピーター・グレイアム作曲「ハリソンの夢」です!
世界的(?)難曲です。

ところで、題名にもある「ハリソン」とは時計職人であるジョン・ハリソンのことです。
気になる方はwikiでw

さて、作品の話です。聞いたらわかるとは思いますがとにかく難しい曲です。
冒頭は4分の4拍子かと思いきや、8分の4拍子です。ヴィジュアル的に高いスピード感を出させるそうです。っていうか冒頭は♪=168です。

一般的な四分音符で表記したらテンポが336…?まぁそうなりますよね。

とにかく聞いてみればそのスピード感は伝わってくるはずです!これを演奏してしまう中学校もあるんですからね~。脱帽です!ラストにぬかっていくスピード感がたまりません!!

フルバージョンを載せたかったのですがちょっと載せることができなかったのでコンクール版で勘弁してください。音質がちょっと悪いかも・・・。





にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

吹奏楽のための第1組曲

第3弾の本日は超有名な「吹奏楽のための第1組曲」の紹介です!

「吹奏楽のための第1組曲」は3曲からなる組曲で、Ⅰ:シャコンヌ、Ⅱ:間奏曲、Ⅲ:行進曲 の極めて古典的な配置の3曲で成りたっています。

Ⅰシャコンヌ

そもそもはバロック時代に多用された変奏曲の形式で、元来メキシコに端を発しスペインに渡来した舞曲だそうです。
冒頭はユーフォとチューバの奏でるソロから始まります。
曲のラスト5小節で叩かれるバスドラムは最も表情が強いものと考えた方がいいそうです!
出来るだけ大きなマレットを使って、音は止めないようにすると感動的だそうです!
ちなみに私の一番好きな楽章です

Ⅱ間奏曲

この曲の冒頭ではEsクラリネットの2重奏で始まります。管楽器のことはよくわかりませんが・・・これは珍しいスタイルですよね・・・?

Ⅲ行進曲

ラストは行進曲(マーチ)です。
すみませんw説明することが見つかりません!どうぞ曲をお聞きください!!





にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。